• ホーム
  • 中古ドメインの効果的な利用と複数ipと中文対策

中古ドメインの効果的な利用と複数ipと中文対策

パソコンを見ている女性

中古ドメインを利用してウェブサイトを立ち上げる方が増えています。
利用する最大の利点はバックリンクと言われています。
特にSNSでのバックリンクは価値が大変高いです。
しかもSNSでのバックリンクはツールで作っても検索サイトで認められないケースが多いので誰かがリンクを張ってくれるのを待つしかありません。
さらにSNSでのリンクは検索においてまた新たなリンクをしてもらえる場合も多いことからなんでも利用できるのがポイントです。
また、リツイートやいいねによって拡散される可能性が一気に高まるのもポイントとなっています。
拡散力はSNSの特徴でもありますが、それが過去の記事であっても拡散されるところに注目が集まっています。
このようなバックリンクの効能は複数ipを利用してサイトを運用するよりも数倍価値があるとされており、中古ドメインを利用するもっとも大きな理由となっています。

Webサイトを作る場合、国内対応だけでは厳しくなっています。
そのため、多言語対応、特に利用者が急増している中文対応が進められています。
中文対応については簡易翻訳であっても価値があると言われており、対応が進められていますが、中国国内の検索サイトへアピールできないとやはり効果は低くなってしまいます。
また、他の検索サイトにおいても中文対応が進んでいることから多言語対応できればかなり効果が高いと考えられています。

多くのWebサイトで検索サイトの順位を上げるために中古ドメインが採用されてきていますが、効果がでないケースも多発してます。
理由は大きく分けて2つあります。

1つはブラックリストに入っているドメインであったことです。
メールやスパムサイトの多くはブラックリストとしてまとめられています。
そのリストは各種サービスで確認することができ、ドメイン名を入れるだけで無料で確認できます。
しかも、一度入ったら修正できないケースが多いのが難点です。
そのため、ブラックリストになっているドメインを利用したサイトはすぐにドメインを変えて運用することが必要です。
ドメインを変えば新規にコンテンツを見てもらえます。

2つめはアダルトサイトであったためです。
アダルトサイトを運用するなら問題ありませんが、一度アダルトサイトとして認められてしまったドメインは一般的なコンテンツとは分けて考えられてしまいます。
一般的なコンテンツで勝負したいならアダルトサイトでの運用事例がないものを使いたいです。