• ホーム
  • 中古ドメインの指定買いと管理方法

中古ドメインの指定買いと管理方法

中古ドメインを利用してウェブサイトを立ち上げたいと考える方が増えています。
理由としてはアルファベット綴がよかったという理由が多かったのですが、中古ドメインの効能が分かってくるとアルファベット綴よりも効能自体を優先して買う方が増えてきています。
中にはコンテンツを作成してドメインの指定買いを目指す方も多くいます。

中古ドメインの指定買いでは3つのポイントで探す方が多いです。
1つは検索サイトでのインデックスが多数あること、2つめはバックリンクが指定SNSなどで多数あること、3つ目がアルファベット綴です。
これらのポイントはさらに目的とするウェブサイトのコンテンツと同じカテゴリであることが前提となります。
アルファベット綴だけで選ぶとカテゴリが違うドメインを選んでしまい、中古ドメインの利点が活かせないケースが多いので注意されるケースが増えています。

また、購入後も注意が必要です。
ドメインの管理は維持費を支払えば利用しなくても問題無いのですが、中古ドメインの場合は寝かせておくのは利点を減らすことに繋がります。
利点の一つである検索サイトでのインデックスはコンテンツがなければ時間と共に消えることが多いです。
また、違うコンテンツをパスに接続してしまうと再評価されて過去の履歴を上書きしてしまう可能性が高いのです。
そのため、過去の履歴を活かすならパスの設定も含めて早急に対応してコンテンツを接続することが大事です。
まったく違う内容でない限り、コンテンツの評価は過去の評価を活かして行われるので検索順位等が新規サイトでも高い状態を維持できる可能性が高いです。
また、通常は検索サイトからのロボットは新規ドメインにはなかなか定期的に来てくれない場合が多いのですが、履歴があるドメインの場合はすぐにきてくれるのでコンテンツを活かしやすい利点もあります。

バックリンクについてはなくなることはほぼありませんが、切れたままではPVが増えないばかりか、SNS内での評価が下がる傾向があります。
そのため、出来る限りパスを復活させ、SNSからの流入を維持することが大事です。
パスについてはCMSで設定されていれば相対パスになっていることが多く対応しやすいですが、ホームページなどの場合は絶対パスになっていることが多く手動での対応を求められるケースが増えています。
バックリンクやインデックスの調査をする際にパスについても検討することが必要です。