• ホーム
  • 中古ドメインのbackとnofollow

中古ドメインのbackとnofollow

中古ドメインを探す方が増えています。
中古ドメインのさまざまな効能を期待してのことですが、探す際にはいくつか注意したいポイントがあります。

その一つがバックリンクです。
バックリンクはWebやSNSからのリンクのことであり、検索サイトで評価されるほか、PVの定期的な増加にも寄与しています。
バックリンクが多いサイトは基本的に価値が高いと考えられており、バックリンクを確認できるサイトがよく利用されています。
また、同じカテゴリやキーワード、パス構成ならバックリンクを引き継げると考えられています。

とくに注意したいのがリンク構造です。
ドメインへ直接リンクしているなら面倒はありませんが、基本的には各記事にリンクが貼られることからリンク構造が問題となります。
ホームページのように絶対パスになっているなら手動でリンクを作ることが必要ですが、相対パスになっているならCMS側で設定できるので手間が大きく減ります。

ただし、リンクがあっても中身がなければ意味がありません。
検索サイト側の評価もコンテンツの良し悪しですからリンクを設定する前にコンテンツを用意して引き継げるようにしたいものです。
また、サイトをバックリンクで探す場合はnofollow属性を利用していないことを確認したいです。
特にサイトのキャッシュが残っている場合はソースを確認してnofollowを利用していないことを確認したいです。
nofollow属性が利用されているとリンク先にロボットがいかなかったり、評価が移ることがありません。
ページランクはそのページに対してのみ適用となり、バックリンクの機能がなくなります。
ページランク側を優先する場合は問題ないのですが、リンク数や質を重視したいなら利用の有無は重要です。
逆に言えば、リンクをしてくれている良質だと思われたリンクが実はnofollow属性のページだったということもよくあります。

良質のリンクがあるはずなのに評価が上がらないようなウェブサイトはリンク元のソースのメタ属性を確認しておきたいです。
悪質だったり、意図したサイトの場合はリンクに直接nofollow属性を付ける場合もありますので自分の直接のリンクもチェックしておきたいところです。
ただし、アドセンスなどを設定するために属性を設定することも多いのでトータルで考えたいところです。
バックリンクはとても重要なポイントですが、チェックポイントがたくさんありますので要注意です。