パソコン

中古ドメインを探すにあたって大切なのは自分自身の指標を持つことです。
中古ドメイン販売屋さんなどで中古ドメインが見つかっても、基準がなければ判断のしようがないものです。

上位に上がりやすいドメインとそうでないドメインがありますが、その区別をするにはドメインのバックリンクの質を調べるのが一番でしょう。
「hanasakigani」というバックリンク検索ツールやahrefs等のコンテンツやサイトを利用すればおおよそのバックリンクがわかります。
バックリンクドメイン数・アンカーテキスト・バックリンクサイトのランク、質を調べることである程度の評価ができるはずです。
またこれからサイトを作っていき、自分でバックリンクを追加しようとしているのであれば、バックリンクドメイン数やリンク本数が少ないドメインを探すのがおすすめです。
尚且つ、アンカーテキストが統一されている、URLやブランクになっているといったドメインであれば新しくリンクを入れても効果を発揮しやすいといえます。
ドメインだけで上位表示するわけではないので質の高いコンテンツを作ることは必須条件ですが、これらの基準をもとにドメインを探せばコスパの良いものが見つかるかもしれません。

Googleのアルゴリズムではバックリンクドメイン数が一定数を超えるとリンク効果が軽減されるといわれています。
そのため過剰なリンクは好まれないのです。
ただ一定数を超えると公式サイトとして認められるという見方もあります。
どちらを目指すのかは利用者次第ですが、予算をできるだけ少なくしたいというのであれば前者がおすすめでしょう。
少ないリンク本数で高い効果が発揮できるようにバックリンクドメインの少ない中古ドメインを探してください。

あとは記事を作成してトップページを強くする・下層のコンテンツを充実させる・スマートフォンに対応したサイト構成にする・画像や表などを使って滞在率を上げるなどの基本的な部分を押さえておけば、上位表示にも役立てるはずです。
キーワードの狙い方や競合サイトの強い、弱い。自社サイトの強みなどをまとめて他にない情報提供ができれば上位に表示される可能性も高まります。
中古ドメインや新規ドメインを上手に使い分けながら自分自身の戦略をもとに上位表示に役立ててください。